グループホームとは、要支援2以上で認知症と認められた高齢者が落ち着きある家庭的な雰囲気の中で共同生活を送ることにより、認知症状を穏やかにし、失われかけた生活能力を再び引き出すことを目的とした共同生活介護です。認知症高齢者を生活の主体者ととらえ、家族との連携、地域社会への参加・交流を促進し、理解され信頼される生活空間の創造を目指しています。
また、「グループホーム やすらぎ」では、利用者が退所された後も、利用者及び代理人のご希望があれば、連携施設や併設病院(久米田病院)にて可能な限り終身介護をさせていただきます。